ミニチュアダックスフンドの性格には強情な一面を持っているので…。

ふつう、しっかりとしつけを頑張れば、大概の場合ミニチュアダックスフンドを含むペットの犬は、主人にきちんと応えるはずです。とにかく頑張りましょう。
子犬が飼い主などを噛むというのは、「噛むのはいけない」というのをしつける好機だと言えるでしょう。噛んでくれないと、「噛むのは良くない行為だ」と、しつけることは無理でしょう。
心掛けてリーダー格の威厳が分かるよう、しつけたら、トイプードルのように賢いと、上位にいるオーナーの言うことを正確に守るという関係に進展するようです。
一般的に、規則のあるスポーツ競技は、ラブラドール犬のしつけ方法として最適ではないでしょうか。ラブラドール犬とオーナーがそれぞれ積極的に、大変多くを学べるはずです。
ミニチュアダックスフンドの類は小柄な体型を保つので、まるで子どもっぽさを保っていて可愛らしいですが、しつけに対してはきちんと幼い時期から実行することが大切だと思います。

秩序なくわがままに育てず、幼犬からベーシックなしつけを済ませたら、世間には柴犬くらい主人に従順な犬は存在しないかもしれない、という程指示に応えるようです。
とりわけ子犬たちには、甘い顔を見せたくなる気持ちも当然ですが、子犬であっても、ベーシックなしつけトレーニングを確実にするべきと思います。
チワワのしつけのトラブルとして、「吠えてうるさい」ということが言われます。散歩の最中に横を通る人たちに向かって吠えるという行為をしてしつけが必要な犬を見かけます。
犬のしつけは、吠えるまたは噛む行為は、何が原因でそうやっているかということを判断してから、「吠えることは良くない」「噛むのはダメな事」といったしつけを行うことが必要になってきます。
慣れない頃は、犬のしつけで犬が吠える、そして噛む、に困ったものです。懐いてほしい犬なのに、ひどく吠えるし噛みつくし、すごく悲しい日々でした。

完全に矯正していなければ、自分の家だとおとなしい状態でいるのに、他人の家に行ったら、そこで無駄吠えが再発する事態だってあるはずです。
世間では黒色のトイプードルは、中でも最も賢いと思われています。このため、しつけをしてもスムーズにいく状況にあるみたいです。
チワワだって、しつけをすることがとても大切です。例えば、チワワは十二分に褒めて大事にするべきです。そっと優しく接するようにして、どんどん可愛がるようおススメします。
ミニチュアダックスフンドの性格には強情な一面を持っているので、ドッグトレーナーに相談したりして、各ミニチュアダックスフンドに最適のしつけ策をレクチャーしてもらうことも役立つと言えるでしょう。
柴犬の小犬だったら、育てる目的によってしつけ方法も違うのですが、家のペットとして育てる時は、0.5歳までに済ませると、あとになって柴犬との家庭生活に役立つと思います。